連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第11章 《第11章》
 その時ユンカは確信していた。

(きっとうまくいく)

 雌ライオンは、何とも優しい目で二匹を見ていたのだ。近づいてきた子ライオンを、その雌ライオンはゆっくり優しく舐めはじめた。二匹は気持ちよさそうにゴロンとひっくり返って雌ライオンに心を許した。その光景は、まるで本当の親子のようにユンカの目に映った。

 ライオンは小集団で家族を作っている。ある雌ライオンが狩に行く間、狩に行った雌ライオンの子供の面倒は、他の雌ライオンが見るのだ。本来、ライオンは優しい生き物なのだろう。心が大きさから百獣の王と呼ばれるのかもしれない。

 ユンカは外から檻の自動ロックをそっと外した。二匹のライオンは自分から檻の中に入って行った……

 倖はそこで目が覚めた。一体どういう事なのだろう。ユンカは私に何が伝えたかったのだろう。倖にはその夢の意味が全く分からなかった。そう言えば雅治もライオンの夢を見たと言っていた。
142
最初 前へ 139140141142143144145 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ