連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第9章 [《第9章》 
「僕もそう思うんだ。パックスは、僕が拒絶反応で苦しんでいる時に、夢の中でこう言ったんだ。『死ぬな、死ぬんじゃないぞ。僕の母さんに会いに行くんだ。それが君の償いだ』って」
 悠一も、やっと言葉を見つけたように話し始めた。

「償いか……パックスは、お母さんの事が心配でたまらなかったんだろうな。雅治君にはその気持ちが、きっと分かってもらえると思ったんだろう」
 倖はうつむいたまま何かをじっと考えていたが、やっと顔をあげると雅治に向ってきっぱりとこう言った。

「雅治君。ユンカとパックスのお母さんに会いに行って、事の次第をきちんと説明してあ謝りましょう。そして、私たちに出来る事の全てを、二人のお母さんのためにしてあげましょう」
 雅治は、自分と同じことを考えている義姉に、しっかりと頷いた。

「姉さん、実は僕も同じことを考えていたんだ。ただ、何が一番良い方法なのかは分からない。ユンカとパックスの母親を、このままそっとしておいた方がいいのかもしれない。彼女が真実を知ってしまえば、生きる気力を失ってしまうかもしれない。でも、一つだけ確かな事は、真実を知らなければ、ユンカとパックスのお母さんは、きっとこの先前へは進めないだろうってこと。いつも、今の悲しい現状に、踏みとどまっていなければならない」
 倖は、じっと雅治を見つめていた。

「悲しい現実を知ることは、死ぬより辛いだろうけど、きっと乗り越えられる。だって、こんなに素晴らしい姉弟のお母さんなんだもの」

 悠一も、二人と同じ気持ちだった。
128
最初 前へ 125126127128129130131 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ