連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第9章 [《第9章》 
 悠一と雅治は倖の次の言葉を根気強く待った。倖は大きな目から涙をポロポロ流しながら、言葉を探していた。

「なんて残酷な、なんてひどい事なの。私は今すぐこの心臓を取り出して、ユンカに返してあげたい。本当は私が死んでいたはずなのよ。ユンカは毎日動物たちと一緒に楽しく仕事をしていたのよ。あんなに幸せそうに、あんなに楽しそうに……」
 倖はその場に崩れ落ちた。あまりの衝撃に立っていられなくなった。

 悠一と雅治も、そんな倖に何と言葉を掛けて良いのか分からないまま、じっとしていた。最初に口を切ったのは雅治だった。

「義姉さん、辛いね。僕も辛かった。でもね、僕たちは生きているんだよ。この命は、大切にしなければいけないと思う。パックスも、ユンカも、優しい姉弟だと思わないかい?僕は、彼を心から尊敬しているんだ。僕に恨みを抱いても仕方ないのに、僕を夢で励ましてくれたんだ。僕に頑張れって言い続けてくれたんだよ。だから、辛い拒絶反応にも耐えて、今僕はここにいるんだ」
 倖は雅治をじっと見つめた。
 雅治は続けた。

「そして、ユンカも同じだよ。今、義姉さんを一生懸命励ましているんじゃないのかな。ユンカが、姉さんを恨んでいるのなら、きっとそんな楽しい夢を見せてはくれないと思う。姉さんの心を夢で癒して眠らせてくれているんだ」
 倖はじっと左胸を押さえながら雅治の話を聞いていた。ユンカは夢の中で、確かに自分を癒してくれていた。ライオンの赤ちゃんがやっと生まれた時の感動や、像の赤ちゃんの生育記録。ユンカの毎日を日記のように教えてくれていた。それも感動した事ばかりを。 倖は何かが自分の中で急速に変化して行くのを感じていた。このままではいけない。自分に心臓を提供してくれたユンカのために、それがユンカの意思ではなかったにせよ、今自分がここにこうしている事は事実なのだ。
 倖は、やっと話し始めた。

「雅治君、私、ユンカのお母さんに会いたい。ユンカはきっとお母さんに会いたくて仕方なかったと思うの。なのに、さよならも言えないままに死んでしまった。きっと、無念に違いなかったと思うの」

 雅治は、義姉の言葉が嬉しかった。やはり自分たちは義姉弟なのだと感じた。
127
最初 前へ 124125126127128129130 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ