連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第9章 [《第9章》 
 悠一は、少し倖に会うのが楽になった。
「倖ちゃんにも、話してあげよう。この不思議な気持ちは、経験した人にしか分からない。この気持ちを、移植をして苦しんでいる人や、世界中の人に知ってもらう事が大切なのかも知れない」

 悠一は複雑だった。南アフリカから連れて来られた姉弟が、実際に雅治と倖のドナーにされていたという事を、改めて直接本人から聞いた衝撃は大きかった。
 自分は、大切な姉の心臓をもらったが、雅治や倖は残酷な運命を背負ってしまった。
 自分なら、耐えられるだろうか。今更ながら雅治の精神力の強さに驚かされていた。
 いや、その奥にある雅治のドナーへの思いが、今の雅治を支えているのだと思った。
 雅治は、何か吹っ切れたように明るい声で言った。

「そうだね。こんなに数奇な運命をたどってしまった僕たちの生きている意味は、きっとそこにあるのかもしれない。僕たちにしかできない何かを、ドナーは教えてくれているのかもしれない」

 悠一も同じだった。何時までも辛いと言っているわけにもいかない。自分たちの道は自分たちで切り開いていかなければいけないのだ。

「三人で、力を合わせて頑張ろう。倖ちゃんも今は苦しいけど、僕たちがいればなんとかなるさ」

 悠一と雅治は、やっと倖に会う決心をして病院へと向かった。
123
最初 前へ 120121122123124125126 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ