連立の命(れんりのいのち)
連立の命(れんりのいのち)
完結
発行者:桃子(とうこ)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2014/11/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
連立の命(れんりのいのち) 第1章 プロローグ
ガチャッ。またドアが開いた。
パックスはびっくりして振り返った。
「どうかな……?少し落ち着いたかい」
優しい男の言葉が、パックスの心を開こうとしていた。
パックスは、思い切って聞いてみることにした。
「ねえ、ここはJapan? 僕はどうなる?」
その男は、返事をしてくれなかった。
何故か申し訳なさそうな、悲しそうな表情が、パックスには自分の運命を表しているように思えた。

少しの沈黙の後、その男は、それでも気を取り直したようにパックスに告げた。
「長い間、お風呂に入っていなかっただろう。今日は、入浴してみないか?君の国は入浴の習慣はあるかな」
突然の質問にパックスは驚いた。
「貴方は、僕の質問には答えてくれないのですね……」
「……」
パックスは、落胆を隠すように静かに答えた。
「僕の国では、水はとても大切な物なのです」
「そうか……。申し訳ないが、目隠しをしてくれないか。浴室に連れて行ってあげよう」
そう言ってその男は、優しくパックスに目隠しをした。
パックスが大声で助けを呼ばないと信じているのか、今回は猿轡はされなかった。
目隠しをされたまま、パックスは部屋の外に出た。彼が少し肌寒く感じ、ブルッと身震いをすると、その男はパックスを気遣い、寒くないかと聞いてきた。
久しぶりに人間らしい優しさに触れて、パックスは目隠しを濡らした……
少し肌寒い廊下をまっすぐに進むと、パックスの手を引く男の足が止まった。

「さあ、着いたよ」
男はドアを開け、パックスの目隠しを外してくれた。
そこは、古びた浴室だった。
右の棚には、同じく古びた籐の籠が置いてあった。
洗濯された清潔そうな着替えが、その籠の中にきちんと畳まれて置かれていた。
さらに驚いたことに、浴室は暖かかった。
パックスのために、あらかじめ暖房を入れておいてくれたようだ。
「Thank you……」
パックスは心から男の暖かさを感じ、思わず笑顔になった。
男も少しだけ嬉しそうな顔をした。
「ゆっくりしなさい。よく温まるんだよ」
11
最初 前へ 891011121314 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ