彼女とコンビニエロ本とおっぱい
彼女とコンビニエロ本とおっぱい
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2014/11/02
最終更新日:2014/11/02 21:53

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
彼女とコンビニエロ本とおっぱい 第6章 両手に花・修羅場
「はい、そこまでですよ」

 突然に健の余韻は終わりを迎えた。

 驚き慌てながら振り返ったら何かにぶつかる。

 ボワン! と音が聞こえた。

 温かく柔らかく弾んだ。信じられないくらい豊かで温かくて柔らかい、すごい衝撃が顔面を覆う。

「……」

 目の前には柔らかいふくらみの覆い。コンビニの制服が盛り上がる柔らかいそれは、健の心をどこかに連れ去りそう。目を上げると、相手は自分を見下ろして、ニッと笑って小さな声で言うのだった。エロ本を読むのは終わりって。お姉さんらしく優しい笑みで。

「ぁ……あの……」

 目の前から伝わる柔らかさと匂いに動けないでいると、店員は少年をバストからゆっくり離して表に行こうと言う。

 断れるはずもなく、従いついていく。まるで看守と囚人のよう。

 しかしコンビニの店の前に出ると、大人なお姉さんに気が揺れる。すごい爆乳さんだから、なつこの巨乳なんか忘れて見入ってしまう。

「ちょっと話をしようね」

 タバコを銜えると、自分のバストを見入る少年と向き合いながら暇つぶしにHな話でもしようかと考えを持っていく。

 
9
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ