彼女とコンビニエロ本とおっぱい
彼女とコンビニエロ本とおっぱい
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2014/11/02
最終更新日:2014/11/02 21:53

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
彼女とコンビニエロ本とおっぱい 第3章 爆乳店員の登場
 ある女性が店の中に入ってきた。身長は164cmくらいだろうか、服の盛り上がりからして大変にバストが豊満な人だとは明らか。本物のおっぱい星人ならIカップ辺りと推測するかもしれぬ。

 そんな彼女、他の人と違いレジに向かって「おはようございます」と言った。そして店の奥へと進んでいった。

 佐藤由利なんて名前の彼女、ロッカーの前に立つと、仕事を終えてやってきた仲間と一緒に着替え始める。

 クッと上着を脱いだ白いブラジャーのフルカップは、彼女の持っている左右のバストが悶絶レベルに豊満だと証明。その谷間を見れば、誰が何をどう疑えばいいというのだろう。隣の仲間は、それを見たかったとばかりに覗き込んで茶化す。

「佐藤さん、何カップでしたっけ?」

「愛なるIカップよ、なんてね」

 アハハと笑い、手の平を柔らかい谷間に当てて見せる。在籍する店員で一番バストが豊かな人。他の女子店員達は、スゴ過ぎて揶揄する気にもなれないとする。

「あ、いや佐藤さん。それで一つお願いがあるんです」

 私服になっていく女性、店の中に困った男の子がいると話を始めた。

 それによれば男子は小学生くらいで、エロ本を見入って動かないらしい。オナニーしている可能性があるとかなんとか。

「別にいいじゃない、小学生の男の子はエロ本に開眼しても普通」

 と、さっぱりした発言。しかし隣の店員が許してくれなかった。

「巨乳とか爆乳専門のエロ本を見入ってるのが許せないのですよ。そういうの教育上よろしくないでしょう? 女の魅力はバストだけじゃありません。それを教えなきゃいけない、違いますか?」

 なんか嫌な雰囲気が出てきそうだなと、由利は予見したので気持ちよく引き受けてやった。その少年からエロ本を取り上げる役目を背負う。

「やれやれ、男の子っていうのは可愛いもんだねぇ」

 制服になった由利が更衣室を後にして店内へと向かっていく。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ