彼女とコンビニエロ本とおっぱい
彼女とコンビニエロ本とおっぱい
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2014/11/02
最終更新日:2014/11/02 21:53

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
彼女とコンビニエロ本とおっぱい 第1章 コンビニに立ち寄ったのがいけなかった
 今、家の近くにあるコンビニに山本健がいる。店内を回ってみたり、マンガをチラ見したりと挙動不審。

 でも万引きしようというのではなくて、もっと素直な事情で思い悩んでいる。何気に目に止まったタイトルに心を持っていかれたから、そのエロ本を見てみたいのであった。

 本のタイトルは「巨乳・爆乳咲き乱れ、Jカップも降臨」

 本の感じは、結構ゴージャス。永久保存版みたいに立派だ。

 ごくりと生唾を飲んで健は思うのだった。間違いない、あれはよく見かける安っぽいとは違って、きっと中身が充実した貴重な代物だと。それにJカップとか文字が見えたらもう心は離れられない。

 しかるにしてエロ本コーナーの隣が情報誌で女性が立っている。早く立ち退いて欲しいと神さまにお祈りしてるのに通じない。だから健は、あの女性を呪いたくもなってしまう。

 神さま、あの女の人が邪魔です。と、小さく祈る。

 挙動不審の目立つ時間が目立つのは良くない。コンビニに立ち寄らなければ良かったと思っても後の祭り。エロ本の引力は抗えるものではないから。

 思案してみる。別のコンビニに行くか?

 でもどの店にあるとも限らない。もし他の店になかったとして、この店に戻ってきたらどうか。挙動不審者がリターンしたと店員が怪しむかも。

 思い切って買うか?

 今どきだったら小6でもエロ本くらい買わせてくれるんじゃないか? と思ってみたが、レジにいるのは女性だからやりにくい。男を魅惑するは女、男の邪魔をするのも女。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ