カミさんと私
カミさんと私

発行者:ほうきゅう
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2014/09/28
最終更新日:2015/01/09 00:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
カミさんと私 第9章 生活の音
前日より二人の娘が泊まった関係で、
私は別棟に追い出されて、
普段はカミさんが寝ているベットで目覚めました。
この一ヶ月は余り眠れず、
今朝も早く目が覚めたのですが、
どうせ起きだしても、
居間は占拠されていますので、
2度寝を楽しみました。
そのうちに階段を登ってくる足音、
「洗濯物は有るの?」
「いつまで寝ているの!」
とカミさんの声が、
古くなった床の軋む音、洗濯機が回り始める音、
椅子を引いてカミさんが座った気配、
化粧水などを使い始めた様子が感じられます。
すべてが何でもない日常の生活の音。

これが聞こえなくなる日が来るのかと思うと、
今という一瞬が堪らなく愛しく感じました。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ