カミさんと私
カミさんと私

発行者:ほうきゅう
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2014/09/28
最終更新日:2015/01/09 00:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
カミさんと私 第43章 老い先。。。
最近はブログの更新をしないことの方が多い。
以前は記入率90%近く有ったのですが今は70%を切るくらい。
それだけ書かなくなったと言う事です。
内容も競輪の後悔記的なものが殆ど、
昔のようにカミさんとの旅行記などを書きたくても、
何処にも出ませんので書きようがない。

カミさんは、ここしばらくは容態が悪く、痛み止めを使う頻度も増しました。
それに伴い、休む時間も以前にも増して、殆どを寝て過ごす状態、
痛みが有る事で食も少し細くなりました。
昨日も検診で3箇所廻ったのですが、待合室に着くと即、寝息が聞こえます。
朝8時に出て帰宅したのは午後3時頃、
病人には医者通いが一番辛い時のようです。
それでも帰宅後には竜が一月ぶりに来ましたので、
カミさんも疲れを忘れて嬉しそうでした。

一人座りも出来るようになりました。

持っている玩具は振り回すか、噛み付いているだけ、
前歯も上歯が2本覗いていますから、痒いのもあるのでしょう。
最近は動画ばかり撮っていますので、静止画はほんの僅かになりました。

私は抱き上げて遊べますが、カミさんは見ているだけですから、
少し可哀想。
それでも竜が元気に這いずり廻る姿に目を細めています。
早く大きくなって欲しいですが孫が成長するのと比例して、
老い先が短くなるのですから
私達がいつまで生きられるかが問題。

ついこの間までは遠くに有った死が、ばかに身近に感じられる。
本当に人の一生は儚いものです。
47
最初 前へ 44454647484950 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ