カミさんと私
カミさんと私

発行者:ほうきゅう
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2014/09/28
最終更新日:2015/01/09 00:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
カミさんと私 第41章 体重増加

 楽天ではリンクは楽天同士になってしまい、
私のお気に入りに有る従弟のブログを久々に覗きに行くと、
何と体重が75kg程になったとの事。
3年程前に叔母の葬儀の時に会って以来になるのですが、
その時は俗に言う、(パンパン)状態だった記憶が有ります。
針を刺せば、プシューと飛んでいく感じ、
その時は私は少し痩せていたので、
「お前も少しは節制しないと糖尿などで苦労する事になるぞ」
「多分、立派な遺伝子を持っているはずだから」などと、
説教をした記憶が有ります。
背丈は私より10センチくらいは有りますが肥満体型。
多分、不摂生を続ければ、
100kgくらいまで行ってしまう可能性も有ると見ていました

それが75kgまで落とした~。

先ほどシャワーを浴び終わり、蹴っとばして有った体重計を引っ張り出して、
恐るおそる乗ってみたら、何と72kg。
確か3年前は20kg程は差が有ったはず。
私が10kgほど太ったのがいけないようです。
食べては寝るカミさんに付き合って、
何の運動もしないで、一緒に食べているのですから、
カロリーの消費が極端に少ない分、肉にはなりますね。
生命維持の最小限のカロリー摂取でも間に合う話ですから、
やはり節制が必要です。

カミさんは食べる事が楽しいらしく、食欲は落ちません。
それだから頑張っていられるとは思うのですが、
糖尿の先生は、「やはり食べ過ぎかな?」と頭を抱えています。
間食を一切しませんので3度の食事で調整するしかないのですが、
嬉しそうに食べている姿を見ると、好きに食べさせてあげたくなります。

私も食の誘惑に打ち勝って生活するのが理想なのですが、
ちょっと我慢をすると、少しは良いかと、即、妥協してしまいます。
意志の弱さは昔から変わりません。
もっとも意志が強ければ、競輪はとっくに止めていたはずですね、

それでもカミさんよりは長生きをしないと行けない現状ですから、
取り敢えず、私も5kgほど減らす事にします。
macには負けられん。



45
最初 前へ 42434445464748 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ