カミさんと私
カミさんと私

発行者:ほうきゅう
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2014/09/28
最終更新日:2015/01/09 00:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
カミさんと私 第33章 カミさんと私と竜
近況報告のタイトルに”竜”を加えました。
辰年生まれの事も有り、本決まりでは有りませんが、
竜の文字が名前に入るようです。

私ともう一人の爺様も同い年で暦が巡りました。
昨日、遠い処から夫婦で駆けつけて、
トンボ帰りとなった爺様にとっても初孫ですので、
娘に感謝の言葉を何度も掛けて嬉しそうでした。
ベビールームの前では、
夫婦二人で、
「まつ毛も長い、鼻も高くなりそう。」
「こりゃ、良い男になるな~」
爺婆馬鹿ぶりを振り撒いていました。

娘達も私達が還暦を迎えた時の子ですから、
竜も良いかと考えたようです。
一文字でも良いかと思っているのですが、
先方の苗字が一文字ですから、バランスからは二文字になるようです。

カミさんですが、さすがに子供が生まれた日に2度も脚を運んだので、
本来なら出迎えにも行って一緒に行動するべきなのでしょうが、
疲れが酷く、一日寝ていました。

最近は身体すべてに力が入らなくなったようで、
先日もベットから落ちても起き上がる事が出来ずに、
掛け布団を引っ張って、そのまま寝ていたそうです。
何しろベットの中央まで入れずに端の方で寝ていますので、
落ちてしまったようです。
靴下を履こうとして、よろけてタンスにぶつかって、
「タンコブが出来ちゃった」などと笑いながら、後になって話します。

余命3ヶ月と宣言されて、幸いな事に1年が過ぎようとしています。
ただ、仕方が無い事かも知れませんが肉体的な衰えは酷く、
この1年で20歳くらい歳をとってしまったように思えます。
娘はカミさんを支えながら歩く私達を見て、
「まるで親子のようになってしまったね」と呟きます。
肌にツヤも有り、実年齢より数段若く見えたカミさんだったのですが、
化粧もせず、すべてに構わなくなってしまったのですから、
無理もない事なのでしょう。

後は孫がこの家に戻って来て、しばらくの間でも一緒に暮らして、
その手に孫を抱いて、更に生きたいと思う意思が宿る事を願うばかりです。

(私の楽天での今現在のブログに竜の写真を載せました。
 爺馬鹿ですが寂しい私には、やはり孫はよりどころのようです。)
35
最初 前へ 32333435363738 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ