カミさんと私
カミさんと私

発行者:ほうきゅう
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2014/09/28
最終更新日:2015/01/09 00:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
カミさんと私 第31章 筆者の独り言(その1)
 始めに29章「お嬢様の帰還」を
有料設定にさせて頂いた事をお詫びします。
配信するにあたっては何処かで設定の必要があり、
29章を充てました。
この部分は飛ばして読んでいただいても、
なんら問題は有りません。

さて30章まで載せて来ました。
楽天ブログで書いて来たものを纏めたものですが、
読み返すと、さすがに辛いものが有ります。

ドラマの中、他人事のように見ていた
仏壇に向かって主人公が語り掛ける場面。
演じ終って戻る家庭が有るなら別ですが、
終わりが無い芝居を演じるのは勘弁してもらいたい。

カミさんは頑張って生きてくれました。
どんな気持ちで過ごしたのかは、
夫婦で有っても判りません。
終わり良ければ。。。と世間では言いますが、
その点では可哀想な人生だったかも知れません。
ただ、いつまでも思っている人間が居るのは、
少しの幸せなのかなとも考えます。
残された者の自己満足かな。

カミさんと私はもう少し続きます。
どうぞ、お付き合い下さい。

33
最初 前へ 30313233343536 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ