カミさんと私
カミさんと私

発行者:ほうきゅう
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2014/09/28
最終更新日:2015/01/09 00:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
カミさんと私 第25章 現実逃避
カミさんは本日は久々に出掛けます。
足に水泡が出来てからは歩くのも辛く、
寝ている事が多かったのですが、
漸くに良くなりつつ有るので少し元気が出て来たようです。

有難い事に友人達がカミさんの病が判ってからは、
ひと月かふた月に一回くらいは食事会を開いてくれるようになり、
カミさんとしても少しくらいは辛くても顔出しはしています。

病状としては小康状態を保っているようですが、
血糖値が異常に上がって来ている状態で、
改めて糖尿の受診もする事になりました。
要は膵臓自体の働きが悪くなって来たようです。

精神的には薬の効果かどうかは判りませんが、
穏やかな感じには思えます。
しゃべり方もゆっくりになって、相変わらず縺れますから、
何とも言えませんが、本人に取っては楽なのが一番のような気がしています。
それでも疲れて居間のソファーで休んでいる寝顔を見ると、
目に涙が溜まっているようで辛いです。

受け入れられないような現実でも時間が経てば、何とか出来る。
人の心は強いのでしょう。

それなのに私は現実逃避で、最近は博打三昧です。
仕事は休んでいますので、何もしないでいると、
考えるのはカミさんと自分の将来の事、
希望が持てるなら張り合いが有るのですが。。
出来る限りの事はやろうと思ってはいるのですが、
なかなか出来ません。

私が競輪を買いに行く事に付いては、
負け続けているなら心配で止めるでしょうが、
それなりに結果を出している事は知っていますので寛容です。
むしろ私が普通に打ち込んでいる様子を観ているのは、
精神的には楽なようです。
私としても趣味ではなく生活を賭けている状況ですから、
一所懸命に研究はしています。
以前の競輪漬けの頃に戻ったか、それ以上にレースは観ているようです。
大勝負は打てませんが、何とか食べて行けるくらいは稼ぎたい。ޥ

カミさんの状態を気にかけて下さる方々も居て下さるので、
簡単に病状報告をさせて貰いました。

「旦那は遊び過ぎだぞ~」の声も聞こえて来ますが、
競輪は、お仕事です。




25
最初 前へ 22232425262728 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ