カミさんと私
カミさんと私

発行者:ほうきゅう
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2014/09/28
最終更新日:2015/01/09 00:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
カミさんと私 第23章 色々な症状

 本日の病院での内科診療は午前中で1番早い時間の予約ですので、
通勤ラッシュを見越して朝早くに家を出ました。
それなのに担当医は休診との事。
そして大学病院ですから、
代役はまだ女子大生ではないかと思われる程の幼さ。
一所懸命にカルテを読んでいたらしく診察時間もだいぶ遅れました。
その後に精神科、治療、そして本人が前回心配だからと、
頼んでしまった頭部のMRIなどと、地下から4Fまで病院中を廻りました。
しかも、カミさんは原因が掴めない水泡が、
両足の踵に出来てしまって歩くと痛いらしいので、
駐車場からは車椅子で移動です。
一応は仕事で車椅子の扱いは慣れていますから問題は無いのですが、
エレベーターを使わないと移動出来ないのが不便です。

カミさんの状態は呂律が回らないのは相変わらずで、
認知症ぽい感じも相変わらず。

不思議な事に血の繋がりは無いのに、生前の私の母親に似てきました。
親不孝ばかりしていた息子としては、
カミさんを「おふくろさん」と思って、
遅ればせながら孝行しようかなどと考えています。
昔からカミさんと私の母親は似ていたようですから、
多分、私がそんな女性を好きになるようになっていたのでしょう。
(マザコンではないのですが。。)

明日は皮膚科に状態を見せに行く事になります。
一週間、朝晩2回、きちんと薬の交換などもやって来たのに、
まるで良くなりません。
ヤブなのかな~。


23
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ