カミさんと私
カミさんと私

発行者:ほうきゅう
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:エッセイ・日記

公開開始日:2014/09/28
最終更新日:2015/01/09 00:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
カミさんと私 第14章 旅行から戻って
 首里から空港に向かうモノレール、
車窓からの眺めに気を取られていた私が、ふっと脇を見ると、
カミさんが人ごみに流されるように出口に向かっています。
「仕方ないな~」と旅行カバンを手に持ち、
降りようとした私の目の前でドアが閉まりました。
振り返ったカミさんが笑顔で手をふっています。

「違うよ~」と言ったと同時に涙が溢れて来て目が覚めました

子供達と沖縄旅行に行って来た後から、
よく見る夢です。
実際にはカミさんは元気で、
むしろ私の方がぐったりしてしまった、
楽しかっただけに思い出としては深く残るでしょうが、
振り返る私には辛く堪え難いものになりそうです。

(本当に涙が止まりません。)
14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ