なぜあの人は、いつもやる気があるのか
なぜあの人は、いつもやる気があるのか
アフィリエイトOK
発行者:島田慎治
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2010/08/28
最終更新日:2011/04/15 13:37

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
なぜあの人は、いつもやる気があるのか 第1章 本を読んで、やる気を取り戻そう。
「寝る時間がもったいない」と、思える仕事経験をしておく。


めちゃくちゃ働いていたときがあります。

今も、働いてはいます。

でも、あの頃に比べるとどうだろうか。

燃えているか?

あの頃は、めちゃくちゃ燃えていたという時期があります。

早朝から終電まで働いて、帰って寝る。

また、早朝から働いて終電まで働く。

大変だけれども、めちゃくちゃ充実していた。

試してみたいことを全部やった。

試せば試すだけ、結果がついてきた。

結果がでるから、次のアイデアが出る。

やればやるだけ結果が出るから、やらずにはいられない。

睡眠時間が少なくても、へっちゃらな状態です。

体の内側からやる気があふれてくるのです。

自分にやる気があるから、まわりのみんなにもパワーが伝わります。

厳しいなかにも、やり甲斐があります。



逆に、のっていると思っていても、うまくいかない時期があります。

つらい期間です。

やること考えることが、うまくいかない。

うまくいかない期間は、内側から勝手にパワーが出てきた仕事経験を、思い出しましょう。

回復には、時間がかかります。

仕事の量は、減らさないことです。

量が、自信につながります。

量しかありません。

量を増やしていけば、うまくいかない時期もあの頃のパワーが戻ってきます。

うまくいかない期間を乗り切る体力もついて、さらに先に進めるようになります。

調子が良くないときは、充電期間なのです。



■やる気を取り戻すために<3>
レベルアップと思って、仕事をしよう。



目次詳細へ|具体例へ
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ