ロミオとシンデレラ~今日から私がお嬢様!?~
ロミオとシンデレラ~今日から私がお嬢様!?~

発行者:井上コノハ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:童話パロディシリーズ

公開開始日:2010/08/15
最終更新日:2010/08/15 16:08

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ロミオとシンデレラ~今日から私がお嬢様!?~ 第1章 プロローグ
これは遠く昔の話 ある屋敷にシンデレラと無関心な父親と意地悪な母親と意地悪な姉たちが住んでいた。

「シンデレラ! シンデレラ!!」
 
 一人の女性がシンデレラを呼んでいる
これを言ってしまっては本人に失礼だが、少し否、かなりダイエットしたほうがいいと思われるこの女性は、一番上の姉のアンナである。


「はい ただいま」
さっきの女性よりも遥かに綺麗な女性がゴスロリメイド姿で、アンナの元へと駆けていく

「掃除は終わったのかい?」

「はい」

「そうかい?」
アンナはそう言うと机の上に指を滑らせ、指についた埃(ほこり)をシンデレラに見せた。

「まだ埃が残ってるじゃないか・・・一からやり直しな」

「は、はい」
 もちろん机の上に埃をまいたのはアンナなのだが、シンデレラは文句ひとつ言わずに掃除をやり直していく
 
「シンデレラ! シンデレラ!!」
今度は二番目の姉イリアがシンデレラを呼んでいる
イリアはアンナに比べ体はやせているがひどく痩せているようにも見える
「はい ただいま」

「洗濯は終わったの?」

「はい 終わりました」
シンデレラは、畳まれた洗濯の山を指差した。

「あら綺麗に畳まれてるじゃない」
そう言いながら洗濯物の山に手を伸ばし自分の洋服を掴み取った。

「あらまだシミが残っているじゃない」
自分の洋服のシミをシンデレラに見せている。

「す、すみません」

「いいから早く洗い直しなさい!!」
1
最初 前へ 12 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ