小説「新・ヒトツノヒ」完全版 第一部 「沙羅と純の革命闘争編」
小説「新・ヒトツノヒ」完全版 第一部 「沙羅と純の革命闘争編」
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:銀河の薔薇
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:小説「新・ヒトツノヒ」完全版

公開開始日:2014/06/04
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
小説「新・ヒトツノヒ」完全版 第一部 「沙羅と純の革命闘争編」 第5章 第4章 北国の短い真夏


中村の部屋。
酔いが回った中村は、部屋に入るやいなや床に大の字になった。
そんな中村を笑って見ている沙羅。

「中村君、あたしも酔っちゃったみたい・・・。シャワーを使っていいかしら??」
唐突に切り出す沙羅。

中村が新品のタオルとバスタオルを差し出すと、沙羅は浴室に入っていった。

小さい四角の刷りガラスが、服を脱ぐ沙羅の上半身をかすかに写している。

床に寝転がりながら、中村は酔った目でじっと見ていた。

服を全部脱いだのであろう、白い背中姿の沙羅。

やがて、沙羅の姿がガラス窓から消える。

シャワーの音を聴きながら、沙羅の裸体をひそかに想像し、股間をふくらます中村・・・。




しばらくして、シャワーを浴びた沙羅が出てきた。
飲みすぎた中村はすでに畳の上に寝てしまっていた。

中村は目を覚ました。

素っ裸の女が中村の体の上に覆いかぶさっているではないか!!

驚く中村の口をふさぐように、女はキスをし、同時に中村のジーパンのボタンを空け、ファスナーを開いた・・・。

慣れた手つきで、中村のブリーフを開け、ペニスを細い指でつまむ沙羅・・・。


「さあ、『革命活動』の始まりよ・・・」
意味ありげにハスキーな声で中村に囁く沙羅。
29
最初 前へ 26272829303132 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ