小説「新・ヒトツノヒ」完全版 第一部 「沙羅と純の革命闘争編」
小説「新・ヒトツノヒ」完全版 第一部 「沙羅と純の革命闘争編」
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:銀河の薔薇
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:小説「新・ヒトツノヒ」完全版

公開開始日:2014/06/04
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
小説「新・ヒトツノヒ」完全版 第一部 「沙羅と純の革命闘争編」 第5章 第4章 北国の短い真夏
「あたしの実家は地元では有名なリンゴの倉庫会社なの。
いわば、あたしは『社長令嬢』か『お嬢様』ってところかな? 
だけど、そんな家は窮屈で、大学入っても門限が厳しくてね・・・。
そんな時に、ここのH大学でサークルの人たちに会って、自分の考えや価値観が大きく変わったと思うの」

「『ここのH大学』って、沙羅さんはH大じゃないの?」
中村の言葉に、黙って首を横に振る沙羅。

「あたしはH家政大学よ・・・」
H家政大学は、国立H大学の近所にある無名の私立大学である。

これは中村が初めて知った事実であった・・・。

「あなたも教員志望なのですか?」 
しばしの沈黙の後に、沙羅に訊く中村。

「一応、希望はしているわ・・・。
それより、今日ここへ来たのは、あなたに手伝ってほしい事があってよ・・・」

いつものジーパン姿と違い、こういうスカートの沙羅はどこか女らしさが漂っていて、中村には全く別人に見えた。

「組織員拡大の為に、ステッカー貼り闘争をこのH市全市でおこなう事になったの。
日時は9月の予定で、日程は未定よ。
言っておくけど、あたしがこういう格好で来たのも、敵権力の目をごまかすためよ。
電話じゃ盗聴されるから、直接来たというわけ!!」

しかし、こういう組織に関する話をする時の沙羅は、目だけは男のようにキリリと鋭かった。

21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ