小説「新・ヒトツノヒ」完全版 第一部 「沙羅と純の革命闘争編」
小説「新・ヒトツノヒ」完全版 第一部 「沙羅と純の革命闘争編」
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:銀河の薔薇
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:小説「新・ヒトツノヒ」完全版

公開開始日:2014/06/04
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
小説「新・ヒトツノヒ」完全版 第一部 「沙羅と純の革命闘争編」 第4章 第3章 「マルメロ音楽教室」
「待って! クルマで送るわ!!」
沙羅は壁にかけてあったキーを持って、中村の後を追った。他のメンバーも玄関までついて来て、中村に握手を求めた。

戸を開けると、あたりは暗くなっていた。
これは組織のクルマなのだろうか。そう思いながら、沙羅の運転するポンコツ車チェリーに中村は乗った。

(自分は気まずい事を言ってしまったかなあ・・・ )中村はそう思った。

チェリーが走り出してから、沙羅が口をきいてくれなかったからであった。
チェリーは大学に近づいていた。中村が「ここで降ろしてほしい」と言おうとする前に、沙羅が意外にもこう言った。

「ねえ、一緒に夕飯を食べない?」


頷く中村。
しかし中村は、この瞬間から、自分の人生が大きく変わっていく事にまだ気づいていなかった・・・。

16
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ