シュウジ
シュウジ

発行者:アカネ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ホラー・オカルト

公開開始日:2010/08/13
最終更新日:2010/08/22 00:46

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
シュウジ 第1章 1
「大丈夫!何もしないから!」

たった一言、そう言うだけで、女は簡単に助手席に座った。
今時の女子高生って奴は、彼氏彼女が居ないとダサイらしく、
この手の女は、改造車で声をかければ、簡単に釣れる。


「君名前は?俺はシュウジ」


「アミ」



ちょっとカッコつけたようなリアクションを取るこの女は、
プライドが高いらしく、メンドクサイタイプだ。
だが、このタイプの女は、1度惚れ込むとドップリはまる・・・。



片手でハンドルを掴みつつ、片手で煙草を取り出すと、それを口に咥える。
横目でミラーを見ると、煙草を凝視する女。

あぁ、こういう奴って、煙草=カッコイイだったっけ?



「吸う?」


煙草の箱を女の前にかざすと、


「ううん、今禁煙中」


と、未成年の癖に、強がったようなセリフを吐く。
後一押し。




目の前は赤信号・・・・丁度いい。
アクセルを思いっきり踏み込む。



「ねぇ、赤だって!」


女は驚いた様子で、こちらを見た。



「あ?別に関係なくね?俺の車にぶつかって来たら、
チームで潰しにかかるし」


そう言うと、



「チーム?何のチーム?」

女はあっという間に食いついてくる。



目の前を通過する歩行者にクラクションを鳴らし、


「邪魔なんだよ、クズ、死ねって」


と叫び、女を見ると、



「あははは。早くよけろよ!」

と、女も一緒に罵声を吐く。



この手の女。
取り込むなんて簡単だ。




帰り際、


「俺達付き合っちゃう?」

と言うと、アッサリ女は


「うん」


と、答えた。


鴨獲得。
作戦成功。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ