万華鏡の様な私
万華鏡の様な私
成人向アフィリエイトOK
発行者:花園麗羽(はなぞのうるは)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2014/05/11
最終更新日:2014/05/11 18:17

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
万華鏡の様な私 第1章 姫の時間
姫は眠りからさめずまだ草原をさまよっていた。陽がしずむころとなりの村が嵐にみまわれた。姫は全身に痙攣が走り遂に目覚めた。嵐の正体は小さな蝶の群衆だった。その中に裸で突き進み蝶が少女の衣となった。黄揚羽に全身を覆われた姫は行くぞと小さく呟いて戦場を免れた洞窟に足を進めた。洞窟に入ると蝶は燐扮を輝かせて奧に転がるひとりの少女の側に寄り添い髪を撫でた。少女は皮膚を骨が突き破りそうなほど衰弱していた。そしてこの名のない少女に姫はリムと名付けた。姫の名前は麗羽だった。二人は双子の姉妹だった。麗羽はリムに華の蜜を吸わせ千匹の黒揚羽の衣をまとわせて母親の眠る墓地へ向かった。そこには月影照らす牡丹が咲き誇り墓標を香しく染めていた。双子の姉妹は母さんなんでと静かに涙し怒り返事がもらえないまま二色の蝶を供えそこを後にした。二人は蝶を蜜で纏っているため空中浮遊ができた。超能力者である。双子の遺伝子はXXXでありもうひとり母親がいたがその消息は不明でいつか会いに行こうねと行って戦下の町に降りた。
1
最初 前へ 1234 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ