偏差値35のダメ夫君が人生100点満点を手にした方法。
偏差値35のダメ夫君が人生100点満点を手にした方法。

発行者:野口夏羅
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2014/05/02
最終更新日:2014/05/04 15:11

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
偏差値35のダメ夫君が人生100点満点を手にした方法。 第1章 偏差値35になった理由
小学生の時は。

勉強だけは誰よりもピーマンよりも
嫌いだった僕ですが、唯一誰にも
負けないことがありました。


興味のあることだけは積極的に
取り組み目標を立て、達成するまで
あきらめないというクセがありました!


これこそが人生100点満点の素です。


小学生の時は、“犬のウンチ”の研究をしました。
必死で犬のウンチの臭いを嗅ぎまくり、生き方を
観察した結果、甘やかされた犬は野良犬よりも


ウンチが臭くて寿命が短いという研究でした。
たまたま、甘やかされた犬が早く死んだのかも
しれないが、最後までやりとおしました!


まぁ、研究のために餌付けが親にばれて
大変ひどく怒られてしまったのですが・・・。


今、振り返ればとにかく変わった子だった!


しかし、この結果はある意味、


人間界でも同じことが言えるのではないでしょうか?


甘やかされたクソガキより、
強く育てられたクソガキの方が
人間社会での寿命は長いのだ!


大人になってからは・・・。
2
最初 前へ 123 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ