偏差値35のダメ夫君が人生100点満点を手にした方法。
偏差値35のダメ夫君が人生100点満点を手にした方法。

発行者:野口夏羅
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2014/05/02
最終更新日:2014/05/04 15:11

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
偏差値35のダメ夫君が人生100点満点を手にした方法。 第1章 偏差値35になった理由

僕は日本の南の沖縄という国で
4人家族の長男として産まれました。


裕福ではないがつつましい生活で
明るく活発にすくすく成長していきました。


物心ついたときから勉強が嫌いで
遊ぶことがとても大好きだったので
色々な遊びを覚えていきました。


遊びといっても公園などで遊ぶといった
可愛げのある遊びではなく、ピンポンダッシュ、
外人さんへの爆竹攻撃、万引き、タバコ、スカートめくり、
山に消火器ブチまき、自転車で暴走族などなど・・・。


要するに、手のつけられないクソガキでした。


こんな毎日を繰り返した結果、
勉強のできない子になっていました。


中学の成績は下から3番目、ですが、
この3名で競っていたので1番です。


高校は定員割れにもかかわらず、
ギリギリで入学、追試は当たり前。


2年制の専門学校を3年通いました!


これまで幼少期を振り返りましたが、
これじゃ勉強ができなくても
当たり前と思いますよね。


しかし、


あることには誰よりも熱心に取り組みました。
振り返ればこれが人生100点満点のきっかけに
なったのだと、確信しています。


そのキッカケになったアルこととは?


小学生の頃にさかのぼります。
1
最初 前へ 123 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ