花屋の立ち退きを阻止して下さい
花屋の立ち退きを阻止して下さい
完結アフィリエイトOK
発行者:海原 灯
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:メトセラの仲間たち

公開開始日:2014/04/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
花屋の立ち退きを阻止して下さい 第1章 来訪者
 雪がシンシンと降る、真っ暗闇の夜。眠れなくて、ランプに光を灯したセリエルは、目をこすりながら、柱の掛け時計を見上げた。
 午前5時。
────────── 中途半端な時間に起きちゃった…。
 でも、まだ暗いかと思いきや、外はすでに仄かに明るく、白く霞む窓越しに降り積もる新雪も、綿毛のように白い。
「ん?」
 その時、ふっと外を見やると、不思議なほど、青い焔が出現して、ギョッとした。最初は小さく、それから段々とその焔は大きく…こちらへと近づいてくる。
「きゃああああぁぁぁぁぁあああああ!!」
 悲鳴を上げるセリエルの頭上を、その青い焔は、部屋を突っ切って、素通りしていく。
バンッ!
 ドアを蹴破る勢いで自室を飛び出すと、迷わず、アルファロの部屋へと走った。
────────── 幽霊だ、幽霊だ、幽霊だ、幽霊だ、幽霊だっ!!
 気が重くて、ボケッとしていたが、これで一気に目が覚めてしまった。
 暗がりの廊下を右に走って、突き当たりの部屋まで到着すると、どんどんどん、とドアを叩く。
「出たああぁぁぁっ!!」
 こちらの部屋には勝手に入るなと釘を刺した手前、アルファロの部屋にも、勝手には入れない。たまらずドア越しに叫ぶと、アルファロを待つ。
 ほどなくして開いたドアの向こう側には、不機嫌そうなアルファロの顔があった。朝の5時など、ここ最近は起きれた試しがない。いつも7時起きなのだから。
「…朝から絶叫するの、やめろ…。ご近所迷惑だろ」
「出た出た出たのぉっ!! 幽霊だよぉっ!!」
 パニック状態で、それどころじゃないと訴えるセリエルだが、アルファロの反応は、だからどうした!? とでも言わんばかりで、騒いでいるこっちがバカみたいに思える。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ