壱の魔術
壱の魔術

発行者:川犬
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/08/07
最終更新日:2010/08/11 23:38

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
壱の魔術 第4章 第1章 梅雨前線停滞中-3

「よし、じゃあこいつ頼む」

「わかりました。何とか、頑張(がんば)って差し上げましょう」

 西車がまた俺を掴(つか)もうとするが、シンが西車の腕を掴(つか)んでその動きを止めた。

「ちょっとまてえええいい!!加納!おまいはそれでいいのかああ!!それで本当にいいのかかああああ!!」何がだよ。

 西車の必死の叫びに応える訳が無く、俺は背を向けて校門から校舎に逆走をする。今気がついたんだが、俺は結構西車が苦手だった。

25
最初 前へ 22232425262728 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ