壱の魔術
壱の魔術

発行者:川犬
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/08/07
最終更新日:2010/08/11 23:38

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
壱の魔術 第3章 第1章 梅雨前線停滞中-2
 俺は予想外の返答に少々動揺(どうよう)して、沈黙を数秒間持続(じぞく)させてしまった。しまった!!俺の不覚(ふかく)!!しかし、弁解(べんかい)の処置(しょち)あり。

「い、いや、だから違う!!どんなことが起こったとしても俺はあいつと仲良くするなんぞ考えん!!いや、考えられん!」

「そうやって向きになるところもなー」

「なっ」

 そこで俺は完全に沈黙(ちんもく)した。ノックダウン。返せる言葉ナシ。もし、これがボクシングなら、さっきの西車の発言(アッパー)が決め手となっているはずだ。

 そんな俺のほうが圧倒的に西車より劣勢(れっせい)だという中、俺と西車の間にポテトが割り込んでくる。

「西車!加納君が返答に困っているだろ!」

 おお、やさしいなー、という感じで俺は感銘(かんめい)に浸っているとポテトは、

「本当は加納君はあの転校生さんと付き合いたいんだよ!だから、俺らがそんなことに首を突っ込んじゃだめだ!ちゃんと見守ってやらないと」

 ……。
 
 いや、|ジャガイモ顔のこの野郎(サイテーポテト)も何か勘違(かんちが)いをしているようだ。見守られんでもいいし、別にあんなやつと付き合いたいという気も沸(わ)き起こるわけがねええんだよこのやろおうううがあああ……すまない。あまりに勘違(かんちが)いされているので、ついキャラを変えてしまった。

 西車はにんまりと笑いながら、なるほどそうかといい、んじゃ幸せに~とも言ってきて、勝手に去って言ってしまった。ポテトも西車の後からついて行った。そんなものすごぉーく勘違(かんちが)いしているやつらをもう面倒(めんどう)くさいので、ほったらかしつつ、俺は、次の授業が始まりそうだったので、自分の席に戻った。
17
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ