壱の魔術
壱の魔術

発行者:川犬
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2010/08/07
最終更新日:2010/08/11 23:38

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
壱の魔術 第1章 第1章 プロローグ
 4月5日火曜日。春休みが終わったころ、花粉症に俺は悩まされることなく、ほぼ健康だった。ほぼと言ったのは、今日という日がだるいからだ。春といったら、何を連想(れんそう)できるだろうか。ふとそんなことを考えたことがある。春色(しゅんしょく)と言えば、桜のピンクだ。そして、なにより、高校1年生になりたての俺には、入学式(にゅうがくしき)という小イベントがあったりする。

 天気は決して晴れではなく、かといって雨がふりそうなぐらい雲があるわけでもない。微妙な天気だ。そんな日にこの西風高校(せいふうこうこう)の入学式をやるんだ。正直、快晴(かいせい)が良かったな。

 それで、この彼女いない暦16年のあーかわいそーな俺、加納ハジメは俺の中学生の時からの友人のモテモテ湯川シン(ゆかわしん)とともに西風高までの道のりを早足で歩いていた。シンは昔と変わらないニヤケ顔をこちらに突如(とつじょ)向けてきた。顔、近いぞー。

「これからの高校生活が楽しみですね」

「そうだな」

「おや、意外ですね」

 俺は少し怪訝(けげん)そうな顔で、

「何が?」

「だってあなたは本当は西風高よりも南高にいきたかった、と受験後におっしゃっていたではありませんか」

 俺はシンがペンギンが飛んだのを目撃(もくげき)した時のようなわざとらしい驚き方をうんざりと見つつ、足をさらに速めた。

 シンはふふふと微笑しながらついてきた。受験の時に?そんなもん忘れた。

 俺は今が平和で楽しく過ごせりゃそれでいいのさ。そう、日常が超常(ちょうじょう)にさえならなければな。まあ、超常になるなんてことは、よほどのことがなけりゃまずないがな。

 しかしこの時俺は小さい頃、油断(ゆだん)は大敵だと親父に言われてきていたんだが油断していた。

 だが、普通はあんなことを事前(じぜん)に防ぐことなど出来ない。出来たならその人を神(ゴッド)と読んでもいい。

1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ