調教に溺れて
調教に溺れて
成人向アフィリエイトOK
発行者:からす
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/03/26
最終更新日:2014/03/26 20:08

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
調教に溺れて 第1章 目覚めの朝
久美子は、深い眠りの底から寝覚めた。
薄く目を開けると、7月の強い日差しが、カーテンの隙間から部屋の中に差し込んでいた。

頭の中が重い。
脳みそが鉛で固められたように、頭の中がどんより重かった。
「はあっ~。」長い溜息を付き、コメカミを軽くマッサージした。
嫌な二日酔いだと思った。
枕元に置いてある時計を手に取って見ると、8時を過ぎた時刻だった。
目を閉じ、再び眠りの世界に入っていった。

暑さで目が覚めた。
先ほどより頭の中の鉛の量は減っていた。
布団から手だけを伸ばし、時計を手に取って時刻を確認すると、針は10時13分を指していた。
もう一度、布団から手を伸ばすし、エアコンのスイッチを入ると、冷たい風が部屋の中に吹き込んできた。
暫くうとうととしていると、喉の渇きと、尿意を覚えたけど、布団から起き上がる気力が湧いてこなかった。
「水とトイレ持ってきて。」寝たまま呟いてみたけれど、誰もいないことは分っていた。

久美子は立ち上がると、今日の二日酔いは、何時もより酷いと思った。
体中が気だるかった。
立ち上がったとき、全裸であることに気が付いた。
幾ら酔っ払って帰ってきても、こんなことは、初めてだった。
形のよい乳房も、股間に這えた陰毛も隠すことなく無く露出していた。
昨夜、高校時代の仲の良かった女4人で、30才になった記念のパーティーを新宿の居酒屋で行った。
そんなに飲んだ覚えが無いが、途中から記憶が無かった。
ふっと不安になり、部屋を見回してみたけど、変わった様子は特に無かった。
夕べ着ていた水色のワンピースは、丁寧にハンガーに掛けられていたし、下着は部屋の隅に丁寧に畳んで有った。
「洗濯するものまで、丁寧に畳んであるわ。」久美子は呟いた。

1
最初 前へ 12 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ