桜花飛翔
桜花飛翔
成人向
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/08/12
最終更新日:2010/11/10 12:18

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
桜花飛翔 第1章 芽生える桜―wakes up―
「大丈夫か? 乱暴にやって悪かった」
 榊のひんやりとした手が額に当てられる。無意識に体が跳ね上がり、恥ずかしくなって俯く。
 大丈夫と言いたいが声が出せない。夜の風が火照った体を冷ましていく。榊の冷めた手を両手で握り締める。
 頭が冷めたのか、ようやく疑問が浮かんだ。何故榊が出歩いていたのか。何故自分を抱いたのか。抱いたと言うのはちょっと違うだろうが、危うく処女を奪われそうになったのだ。伊那にしたら同じような物である。それらを全部ひっくるめて榊を知りたくなった。
 聞いてみようと顔を上げた瞬間。あの嫌な胸騒ぎがまた起こった。それは榊も同じらしく、立ち上がると伊那の腕を掴み引っ張り上げる。
 同時に壁が出来たかのように風が吹かなくなった。
「大丈夫だ。あれはここに入れない」
 入れない、とはどういう意味なのか考える余裕など伊那には無い。体が震え立っているのが精一杯だ。頭に何かが浮かんだが、深く考える余裕も無い。
 嫌、余裕が無いのでは無い。深く考えるのを拒否しているのだ。思い出すな、と。心の奥底で、強く、せき止める。
 不安が押し寄せ榊を見上げる。榊の表情は見えないが顔の向きがピクリとも動かない。その先を見るが、伊那には空気が揺れている光景しか見えない。先程のようなひびはまだ入っていない。だが、時間の問題なのは伊那でも分かってしまった。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ