桜花飛翔
桜花飛翔
成人向
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/08/12
最終更新日:2010/11/10 12:18

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
桜花飛翔 第1章 芽生える桜―wakes up―
 怖くて涙が出た瞬間、暗闇が燃え上がった。
 目を見開く暇も無く腕を掴まれ走り出す。小さな悲鳴が出たが風に消される。一瞬の出来事で頭が付いて行かない。時々、刀の様な物が煌めく。闇を切り裂いているかの如く刃が動く。
 少女は恐る恐る前を見た。
 桃色のライダースジャケットの袖は肘まで捲り上げられ、下はジーンズ。漆黒のような短い黒髪。闇夜でも生える白い肌。
 息も上がっていないらしく、走っている音しか聞こえてこない。
「お前、名前は?」
 微かにしか聞こえないほど小さく、どこか力強い声。少女はそれが自分を引っ張っている者の声だと気付くのに時間がかかった。
 返答が無い事に疑問を浮かべたのか、その者は少女の方を振り向く。真っ赤な血のような色をした瞳に、少女の鼓動が僅かに高鳴った。
 少女は慌てて返答しようとするが唇が震えて上手く声が出ない。
「し、らい……し……い、な」
 思った通り途切れ途切れにしか言葉が出なかった。
「伊那か。何でこんな夜中に出歩いた?」
 青年は再び前を向く。
 答えが浮かばず俯く。自分でもよく分からないのだ。この状況を招いたのは自分自身かもしれない、家に居れば良かったのかもしれない。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ