桜花飛翔
桜花飛翔
成人向
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/08/12
最終更新日:2010/11/10 12:18

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
桜花飛翔 第1章 芽生える桜―wakes up―
 少女は手探りで電気のスイッチを探し明かりを点ける。しかし、部屋の配置が全く分からない。新築の家に来た気分だ。鞄の中からメモ帳とボールペンを取り出し、一通り部屋を周りながら地図を作成した。自室と思われる部屋に荷物を置きベッドに飛び込む。途端に疲労が押し寄せ眠気が少女を襲った。
 ロックが掛けられ待ち受けしか見られない携帯を握り締める。待ち受けにされた一枚の写メ。それを見ていると何故だかすごく落ち着くのだ。満開の桜と嬉しそうに笑う少女。少女は携帯を抱き締めるように体を丸め眠りについた。


 少女は3時間もしないうちに目を覚ました。体が重く体調が優れない。再び眠ろうと目を瞑るが、完全に目が覚めてしまったらしく、眠る事が出来ない。ゆっくりと体を起き上がらせる。背筋に寒気を感じ振り向く。
 何も無い。
 違和感を覚え、薄いロングコートに袖を通した。ベッドから降りると辺りを見回す。やはり何も居ない。部屋を出ると右手にある階段を降りていく。軋む音がやけに響いている。月明かりを頼りに通路を進みキッチンへ向かう。グラスいっぱいに水を入れ一気に体内へ流し込む。暑い訳でもなく逆に寒いのに玉汗が浮かんでいる。家の中に居るのが怖くなり外へ出た。
 それでも違和感は消えない。まるで背後に纏わり付いているかの様。周りの地形が分からない。だが、この場に居るよりマシだとばかりに体が自然と歩み出した。何かから逃げる様に。
 歩みが止まり唐突に頭から危険信号が出た。挟まれた、と。何にかは少女も分からない。何かが少女に告げているのだ。
 少女はゆっくりと民家の塀へと後退る。追い詰められていく。
「ころ、され……る」
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ