桜花飛翔
桜花飛翔
成人向
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/08/12
最終更新日:2010/11/10 12:18

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
桜花飛翔 第1章 芽生える桜―wakes up―
 しばらくして運転手達が呼んだであろうパトカーのサイレンが鳴り響く。それは少女のすぐ近くで止まりパトカーへと入れられる。
 女性警察官に抱き締められた少女は、ようやく感じた人の温もりに涙を流す。毛布にくるまれ警察病院へと運ばれた。入院着に着替えさせられ軽く診察を受けた後、カウンセラーとの対話、事情聴取。それらを淡々とこなす少女。
 その間、警察署では身元確認が行われていた。少女を病院へ運んだのとは違うパトカーが、近くのバス停に置いてあった鞄を持ってきたのだ。その中には、現金5万円と保険証などのカード類が入った財布、薄く折りたたみ式で小さな白い携帯、少女が通っているであろう高校の生徒手帳。他にもハンカチなどが綺麗に入っていた。
 警察はまず生徒手帳から学校の連絡先を探しアポを取ると学校へ赴いた。しかし、少女は3ヶ月前に学校を辞めており、書類などは処分された後。元クラスメイトの中に友達は居らず、いつも図書館で読書をしていたと言う。辛うじて元担任から家柄などを聞き出す事に成功した。それでも分かったのは2つだけだ。少女の親は離婚していて、引き取った母親は他界。現在は1人暮らし。身内が居ないため、資金が不足し学校をやむなく退学。
 少女は記憶を失っているのでカウンセリングの意味も無く、入院を頑なに拒んだ。そのため、警察は少女に元担任からの情報を伝え、乾かしておいた服に着替えさせると家まで送った。鞄の中には鍵も入っていたため家には難なく入れた。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ