桜花飛翔
桜花飛翔
成人向
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/08/12
最終更新日:2010/11/10 12:18

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
桜花飛翔 第1章 芽生える桜―wakes up―
 潮風が栗色の長い髪を撫でる。
 少し花を開いた桜が突風でその薄紅色の花を散らす。それは少女を包み込むように舞い、海へと降りた。透明に近い海水を薄紅色が染めていく。
 少女は静かにその中へ歩み行く。何処か儚げで、異様に白い肌が少女をこの世の者では無い様な錯覚を引き起こす。
 まだ冷たい海水が少女の体から体温を奪う。
 それでも歩みを止めず、気付けば肩まで海水に埋もれていた。虚ろで何も映さない茶色の瞳。長い髪が水の中で優雅に踊る。水面が鼻の下まで来た。怖いなど感じない。感じるのは水の冷たさだけ。新たに一歩踏み出した瞬間、少女は海の中に吸い込まれる様に海面から姿を消した。
 海底がいきなり深くなったのだ。
 少女は足掻く事もせず、水に体を委ねる。息が口から漏れた。少女は薄れ行く意識の中で何かを呟き、頭上に見える海面へ腕を伸ばす。足掻こうと思ったが既に時遅く、海底に背が付いた。
 砂埃が巻き起こり海面が見えなくなる。魚が少女の周りから遠ざかっていく。
(あたし……死ぬんだ……やっと)
 海水とは違う物が目から零れた気がした。ゆっくり目を閉じる。先ほどまで作られていた泡が無くなり、口元は微かに笑みを浮かべ動かなくなった。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ