彼女とこたつとおっぱい
彼女とこたつとおっぱい
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2014/02/11
最終更新日:2014/02/11 23:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
彼女とこたつとおっぱい 第4章 ☆温かい青春のボリュームはDカップ
 気持ちをしっかり噛み砕きながら、ギュッと最も豊かにふくらんでいる場所を健が両手で掴んだ。

 温かく、豊満で柔らかいボリュームがムニュっと両手に弾力を返してくれた。驚き、もう少しだけ強くふくらみを両手で掴みながら健はなつこに近寄り匂いにも包まれる。目の前が急に白くなった。光だ、きれいな光が広がっていく。

 揉む、ゆっくりとなつこのバストを揉む。このボリューム、この肉厚にして柔らかい弾力。セーターの手触りと相成るので、不思議な気持ち良さが溢れる。

 そこに広がるなつこの匂い。健はバストを掴んだまま鳥肌を起こし、ちょっと冗談が通じない戸惑いに襲われてきた。持っている脳内回路に大量の情報が流れ込んで混乱が生じている。ケイオス!

 揉んだ、味わうように両手で揉む。ゆっくり大きく、時々手からこぼれそうなふくらみを揺らしてみたりした。

「な、つ……か、ぜ、ひい、ちゃ、う……ぅぞ」

 もはや言葉にならない。そんな台詞を出しながら、無我夢中になってなつこのバストを揉む。揉んで揉んで手を離せない。

(な、なんでこんなに気持ち良い弾力なんだ?)

 健は目が細い。夢に首を突っ込んで抜けられない。

 体が鉄板で焼かれるように熱いが止められない。焼死するかもしれないけど、でも絶対に止めない。そんな強い気持ちを持ちながら、健はちょっと罪悪感に苛まれつつ、新しいアクションを始める。

 左手はセーターのふくらみをしっかり掴み、右手を動かしセーターの中に手を入れた。

 流れというのがあって、それによれば健は次の好奇心を抑制出来ない。直にバストを掴んでみたいというのは最後。その前に、なつこという女子が纏っているブラジャーの上から触ってみたい。どんな風に手触りが得られるのかという探究心。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ