彼女とこたつとおっぱい
彼女とこたつとおっぱい
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2014/02/11
最終更新日:2014/02/11 23:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
彼女とこたつとおっぱい 第4章 ☆温かい青春のボリュームはDカップ
 谷間のプクッと来る柔らかい手応えは、知らない情報を得たという書き込みになる。健の持っているノートに情報が書き込まれる。

「な、つこ……風邪ひいちゃうぞ」

 幼馴染みを気遣いながら谷間の弾力を味わう。温かい、本当に手の平がヌクヌクになる。それでこの手触りが味わえるのだから、何回も頭がボーっとしかける。

 しっかりしろ俺!

 健は自分で自分を励まし続け敢行する。それはまるで、雨にも負けず風にも負けず恥じらいにも負けず谷間にも負けずである。

 もはや後戻りは不可能、突貫あるのみだ。

 健はなつこの後ろで一度正座。

 左手は肩、右手は谷間をクッと押したまま、超新星みたいに息づく心臓のバクバクをこらえ幼馴染みに体を寄せる。ほんのちょっとだけ、なつこという巨乳少女にかぶさるような姿勢。

「な、なつこ……風邪ひいたらどうするんだよ」

 上ずった声でなつこに少しかぶさりながら、両手を動かした。

 その両手は眠っている少女が着ているセーターの前の方へと、誘われるままに伸ばしていく。クッと豊かに柔らかく盛り上がっている場所に両手が進んでいく。

(んぎ……こ、これは……)

 手の平がふくらみの曲線に当った。すごい揺れ具合、谷間とは比較にならない濃密な弾力がプルンと揺れる。もう本当にドキドキ。

 でも神さまが土台で支えてくれたから、健は粉々になりそうな頭を保てた。ゆっくりと両手の指を折り曲げていく。 
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ