彼女とこたつとおっぱい
彼女とこたつとおっぱい
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2014/02/11
最終更新日:2014/02/11 23:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
彼女とこたつとおっぱい 第4章 ☆温かい青春のボリュームはDカップ
 立ち上がった健。まずは寝入っているなつこの横に立ち、そっと顔を覗き込んだ。その寝顔、眠りという小宇宙に旅立ったか。

「……」

 今度は少しかがんで目線を下げる。こたつに向かって眠っている幼馴染みの胸の方に視線を伸ばしていく。

 クッとこたつに押し当てているセーターのふくらみ具合。それを横から見るというのは、豊かなバストの形状を側面から見るという、それをジッと見つめながら距離を縮めていけばどうなるか。

「こ、これって何カップなんだろう……」

 少年が切なそうな声でつぶやく。真面目に勉強したいと渇望する目。

次に立ち上がって後ろに回った。手にはジャケットを持っているが、それは保険みたいなモノ。

「なつこ、風邪ひいちゃうぞ」

 優しい男の子の声を出し、そっとかがんで少女の背中にジャケットをはおる仕草一つ。深い眠り、宇宙空間のずっと深い位置に飛び込んだかのような少女。そのセーターの背中は丸みがあって柔らかそうで温かそう。

「まったくもう」

 と気遣いながら、健はそっと片手をなつこの肩に触れた。いきなり本命を触るのは危険だ。ゆっくり、落ち着いて外堀から攻めるべし。

(温かい……や、やっぱり肩でも柔らかいな、やっぱり女だな)

 健の手がなつこの肩を、ほんの少しの微力で揉んでみた。柔らかい、優しい感じもした。

 そうやってもう一度揉みながら、背中の真ん中を見れば、薄っすらと下にあるブラの線が浮かぶ。なつこのブラジャーは何カップ?

 「Aカップなわけないし、Bも違うはず。Cカップ……本当か? この大きさでCカップって嘘だろう。Dカップはあると思う」

 一人小さな声で、まるで学者のような口調を展開。 
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ