彼女とこたつとおっぱい
彼女とこたつとおっぱい
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2014/02/11
最終更新日:2014/02/11 23:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
彼女とこたつとおっぱい 第3章 ☆巨乳少女よ安らかに眠れ
「あぁ、たまにはこたつもいいもんだねぇ」

 ゲームを離れてお茶をすすっているなつこ。

 ちょっと眠くなってきたようだ。目がほんのりうつろ気味だし、体がユラユラっぽい動きを始めている。

 これは神さまが与えてくださったチャンスだ!

 健はちょっとTVから離れてのんびりしようとか、そんな大人びた台詞を言ってからラジカセに手を伸ばす。

 これは自分が眠くなったときの備だったが、こんな形で役に立つとは嬉しい予想外。だから人生は面白い。

 カチッとスイッチを押すと、全然予測できなかった音楽が流れてきた。なつこは眠そうな顔をしながら困惑。

 う~さぎおいしか~のや~ま~♪

 そのメロディー、とても優しく眠気を抱擁してくれる。

「うさぎおいし……」

 なつこが眠そうな声。そして両腕をこたつの上に置き、そこに顔を持っていく。眠気との格闘が始まった。

 柔らかいセーターの豊かなふくらみをこたつにクッと押し当て、その事を感じつつもなつこは眠らないようにと頑張る。

 10分後、なつこは敗北寸前。無理もない、柔らかく心地よいメロディーの童謡がメドレーで続くのだ。それも絶妙なボリューム加減で鳴り響く。引きずり込まれていく感覚。

「なつこ、こたつで寝たら風邪ひくぞ」

 意図的に少年は少し手厳しい声で叱咤する。

 厳しい声で言われると逆に眠気が刺激される事を健は知っていた。期待通りの台詞を幼馴染みが言うのはその証。

「ちょっとだけ……5分でいいから、深寝入りしないから」

 仕方ないなぁと呆れた声を浴びせながら、健はこたつの中の手でガッツポーズで高揚感の体現。

 そして数分後、なつこが落ちた。

「……」

 健が逸る気持ちを抑制。それは我慢であり忍耐。焦ってはいけない、急がば回れという言葉を思い出すのだ。自分に言い聞かせて健は静観。

「なつこ、なつこ」

 慎重に、焦らずにまずは名前を呼んで確認。スヤスヤと寝入っているなつこの顔、そしてこたつに押し当てている豊かなおっぱい。

 決まった。踊りたくなるような気持ちをグッと抑え込んで、山本健はこたつから出る。説明などし難い気持ちがそこにある。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ