彼女とこたつとおっぱい
彼女とこたつとおっぱい
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2014/02/11
最終更新日:2014/02/11 23:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
彼女とこたつとおっぱい 第2章 ☆こたつタイム・こっそり青春する時間
 なつこの両足は色白だ。そして同時にムッチリ感が強い。だから太ももも、そこに擦り寄ってみたいと思うような魅力。あの太もも、手でつねったりしたらダメかな? と健が思ったりする。

(白……か。白が一番いいよな、白がいいって)

 微妙な視界の先に白いのが見える。間違いない、なつこのぱんつは白だ。ちょっと嬉しくなった、いや、かなり嬉しいかも。

 次に健は白いパンツであろう部分の真ん中辺りをジッと見つめる。そこで真面目に保健とかいうモノの勉強を開始。

(*******)

 とつぶやきながら、パンツの中央を見ながら自分の指先も一緒に見つめる。 そうして想像した。この指をパンツの中の中央に持っていけば、一体何が起こるのだろうかなと。ヌルっと温かい? などと。

「健ちゃん、こたつはどうなった?」

 ゲームに夢中しながら少女が問う。

「ちょっと待ってくれ、もうすぐ直ると思う」

 懸命に仕事しているような声でなつこを見つめている。

 いけない事がしたくなってきた。悪魔が誘惑している、健はちょっと手が動きそう。なつこのパンツに向かって手が動きそうだ。

 どうしようというのか、なつこのパンツを掴んで引っ張ろうとでもいうのか。それとも真ん中辺りを指で***してみたいというのか。震えた手、いけない誘い。後数センチでパンツに触れる。でもそこで、健は理性に負けてしまったのだ。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ