彼女とこたつとおっぱい
彼女とこたつとおっぱい
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2014/02/11
最終更新日:2014/02/11 23:22

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
彼女とこたつとおっぱい 第4章 ☆温かい青春のボリュームはDカップ
「……」

 健は右手で、なつこのフルカップを掴んで揉む。

 揉みながら別世界に飛んだ様子。セーターの上から触るより、一段と気持ちいのだろうと思われる。顔が振るえ、無意識に緩んだ唇からほんのりヨダレ。魂が溶けていくみたいだ、ロウソクみたいに。

 こうなるとブラジャーを取って直にバストを愛撫すると促されていくのだが、スケベの心を忘れてはいけない。段取りを踏む、決して後で後悔しないよう、思い余した箇所が残らないように。

 見てみたい。なつこという巨乳のブラジャー姿を見てみたい。体操着で透けるのは何回も切なく見たが、直に見た事はない。そこで健、思い切って見てみる決意。

 とにかくおっぱいから手を話す事が出来ないので、左手はずっとセーターを揉んだまま。そのまま体を少し離し、右手でセーターを捲り上げてみる。まずは背中の方、女子専用の絵図を見てみたい。

「ベージュだ! 白じゃなかったのか、でもなんか凄く良い!」

 小さな声を落とし、背中のブラを見て生唾をごくりと飲む。

 なつこのむっちり感のある背中とベージュ色のブラジャー。少年はそれを見て、自分が鼻血を出していないか確認。

「……」

 手が動きかけた。ブラジャーのホックを外したいと誘惑された。でも、それはマズイと援護役の神さまが警告。 
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ