Memory~銀色の月に愛された狼~
Memory~銀色の月に愛された狼~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/10 22:57

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Memory~銀色の月に愛された狼~ 第1章 プロローグ
「あっ!! そうだ」

「美桜ちゃん、どうしたの?」

「綾さん、ちょっとお聞きしたいことがあるんですけど……」

「なぁに?」

「この前、蓮さんと繁華街にいる時、綾さんのお友達にお会いしたんです」

「友達? 誰かしら?」

「蓮さんは“ヒロさん”って呼んでたんですけど……」

「あぁ、もしかして銀狼の事?」

「そうです!!その人です」

「そっか~。銀狼と会ったんだ。……そう言えば、蓮がそんなことを言ってたような……。それで聞きたい事ってなぁに?」

「……あの……」

「うん?」

「銀狼さんとの想い出話を聞かせてください!!」

「えっ?銀狼との想い出話?」

「はい!!」

「聞きたいの?」

「はい!!」

「そっか。うん、分かった。良いわよ」

綾さんは優しい笑みを浮かべると懐かしそうに話してくれた。

綾さんにとって親友である2人の恋のお話を……。
1
最初 前へ 12 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ