Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第10章 エピソード9
見た目に似合わず、マサトはお箸の使い方がとても綺麗で

すぐに崩れてしまう柔らかいお豆腐も上手に掴み崩す事無くお皿へと入れてくれる。

最近の若者代表みたいなマサトが正しく綺麗にお箸を使うなんて余りにもミスマッチな気がしないでもないけど…。

改めて見てみるとマサトはあの繁華街でも人の目を引く存在なんだと思う。

高い身長。

無駄な脂肪なんて全然ない身体。

1度見たら、印象に残る独特な髪型。

初めて会った時は夜でしかも外だったから顔をマジマジ見る事は出来なかったけど…。

だから恐いって思っていた顔が実はこんなに整っていた事にさえ気付かなかった。

切れ長の瞳を引き立てているキレイに整えられている柳眉。

意志の強さが滲み出ている瞳には、優しさが含まれている事にも今日気付いた。

スラリと通った鼻筋。

少し厚みのある唇には色気さえ感じる。

顎に蓄えられている髭は、マサトが男なんだと無条件に意識させられる。

テーブルの向こう側で胡坐を掻いているマサトの背筋はずっとピンと伸びていて好感が持てた。

お箸の使い方だって

取り皿の持ち方だって
92
最初 前へ 89909192939495 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ