Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第10章 エピソード9
・・ダメじゃん!!

バッチリ聞こえてんじゃん!!

しかも、こんなに冷静にツッコまれても・・・。

「・・一応、現代人だけど・・・。」

「本当か?」

「えっ!?」

「本当に現代人なのか?」

「・・うん・・・多分」

私は間違いなく現代人だと思う。

だけど、改めてそれを聞かれると

・・なんか自信がなくなってしまう・・・。

「・・ぶっ!!」

俯いた私の耳に届いたのはそんな摩訶不思議な音だった。

それは声に近いような音。

その音に顔を上げてみると

マサトが必死に笑いを堪えていた。

はっ!?

なんでこの人は笑いを堪えてるの!?

・・・。

・・・。

もしかして、さっきの質問は真剣な質問じゃなくて・・・。

冗談だったとか!?

私がそう気付いた時にはすでに遅かった。

マサトはお腹を抱えて笑い出してしまった。

・・もう少し早く気付くべきだった・・・。

楽しそうに笑うマサトを見てそう思った。

「・・多分ってなんだ?」

一頻り笑い満足したらしいマサトが目尻に溜まった涙を拭いながら尋ねる。
83
最初 前へ 80818283848586 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ