Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第9章 エピソード8
マサトがうんざりしてしまう気持ちはよく分かる。

・・・多分、マサトはこのスーパーに入ってからずっと我慢してたんだと思う。

すれ違う人達の様々な視線。

気にならなかったんじゃなくて気にしてない風に振舞ってただけなんだ。

それにようやく気付く事ができた私は、マサトに対して申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

今のこの状況は明らかにマサトにとって居心地の悪いもので・・・。

一刻も早くこの状況からマサトを解放してあげなきゃ!!

そう考えた私は

「・・・あの・・・。」

レジのお姉さんに向かって声を発した。

私の遠慮気味な小さな声にレジのお姉さんはハッと我に返ったように

『・・申し訳ありません!!』

焦ったように謝って、カゴの中の商品に手を伸ばした。

軽快な電子音を発しながら別のカゴに入れられていく商品達。

その音を聞きながら、私は隣にいるマサトをチラッと見上げた。

私の視線にマサトはすぐに気付いてくれた。

・・やっぱり一言、謝っておこう・・・。

そう思った私は“ごめんね”と言おうとした。

だけど、その言葉はマサトによって遮られた。

マサトは穏やかな笑みを浮かべていた。

『何も言わなくていい。』

マサトがそう言った訳じゃないけど…。

76
最初 前へ 73747576777879 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ