Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第9章 エピソード8

「良かった。てっきり怒られてるのかと思っちゃった。」

「・・・。」

「・・じゃあ、行こうか!!」

「は?どこに?」

「えっ?私の家だけど?あっ!!その前にスーパーで材料買って行こうよ!!」

「・・全然、分かってねぇーな・・・。」

勢いよく立ち上がった私を見上げたマサトが呆れ果てたように盛大な溜息を吐いた。

「大丈夫。」

「は?」

「マサトは悪い人じゃない。」

「・・なんで、そう断言できるんだ?」

「ん?だって約束を守ってくれたじゃん。」

「約束?」

「うん、『明日、ハンカチを持っていく』っていう約束。」

「・・・。」

「もし、マサトが悪い人ならそんな約束は守らないでしょ?」

「・・・。」

「だから、大丈夫。」

「・・・。」

「・・顔は恐いけど、私はマサトの事を信じてる。」

「・・その『顔は恐いけど』っていうのは余計じゃねぇーか?」

「・・やっぱり?」

「あぁ。」

マサトはそう言いながら笑っていた。

ちょっとだけ照れくさそうに・・・。

そして、ちょっとだけ嬉しそうに・・・。

普段のマサトなら絶対に年下なんかには見えないけど

無邪気に笑うマサトは年相応に見えた。

私はそんなマサトの腕を掴み引っ張った。

「早く行こう!!私、すっごいお腹が空いてるんだから!!」

私から腕を引っ張られたマサトは

「・・はい、はい。」

苦笑しながら立ち上がっり抵抗することもお小言を言うこともなくされるがままだった。

69
最初 前へ 66676869707172 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ