Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第9章 エピソード8
「・・・?」

突然、大きな声を出した私にマサトは不思議そうな表情を浮かべた。

「お鍋!!」

「鍋?」

「うん!!最近、無性にお鍋が食べたかったんだけど1人だとできなくて我慢してたんだ。マサトはお鍋好き?」

「・・嫌いじゃねぇーけど・・・。」

「けど?」

「この時期に鍋って暑くねぇーか?」

「・・あっ・・・。」

・・確かに、今の時期にお鍋は暑いかも・・・。

お鍋って真冬に食べるものだし。

ガックリと肩を落としていると

「・・まぁ、この時期の鍋もいいかもしれねぇーな。」

明らかに私に気を遣ってる感じのマサト。

「今日じゃなくても、いいよ!!冬になって食べればいいんだし!!」

慌てて口を開いた私の頭をマサトはその大きな手で優しく撫でた。

「食いもんは食べたいと思った時に食うのが一番上手いんだ。」

「えっ?」

「だから、食いに行こうぜ。」

「・・いいの?」

「もちろん。」

マサトの言葉に私は嬉しくなった。

「じゃあ、材料買ってウチでしようよ!!」

「・・はっ?」

・・なに?

・・なんでマサトはこんなにビックリしてんの?

「どうしたの?」

「・・いや・・今、『ウチで』って言わなかったか?」

「えっ?・・うん、言ったけど・・それがどうかした?」

「・・・。」

「・・あっ!!大丈夫だよ。」

「大丈夫?なにが?」

「私、1人暮らしだから誰かに気を遣う必要なんてないし。」

「・・・。」

「ワンルームだから、広くはないんだけど、それでもゆっくりはできると思うよ。」
67
最初 前へ 64656667686970 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ