Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第8章 エピソード7
ここは薄暗い路地裏。

街灯すらないここでは、それがなんなのかを判別するのさえ難しい。

差し出されたそれを受け取ると薄いビニールの感触を指先に感じた。

「これ・・私に?」

「あぁ。」

私は恐る恐るビニールから中身を取り出した。

「これってハンカチ?」

「あぁ。」

ようやく、私の頭の中でいくつかのフレーズが繋がった。

昨日、マサトさんに貸してあげたハンカチ。

そのハンカチが汚れてしまったから新しいハンカチを持ってくると言った約束。

約束を果たす為に必要だった私の情報。

マサトさんはケイタイを使って私の名前と歳とバイト先の情報を得た。

・・だから、私がバイトを終えた後、マサトさんは店の前にいたんだ。

あれは偶然なんかじゃない。

マサトさんは私との約束を守る為に待っててくれたんだ。

「・・ありがとう。」

「・・別に。」

ぶっきらぼうに聞こえるその言葉。

だけど、月の淡い光に照らされたマサトさんの表情は何となく照れているようにも見えた。



64
最初 前へ 61626364656667 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ