Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第8章 エピソード7
マサトさんの言葉に私は小さな違和感を感じた。

・・なんだろう?

この感じ・・・。

まるでマサトさんは・・・。

「確かに社会人になったら走る機会は減るかもしれねぇーな。」

「あ・・あの!!」

「ん?」

「マサトさんって何歳?」

「俺?18だけど。」

「18?・・あぁ、18歳ね・・うん、そっか18歳・・・。」

「・・・。」

「・・・。」

「・・ヒナ?」

「・・はぁ!?」

「・・・?」

「18歳!?」

「・・おい?」

「18歳って・・私より年下じゃない!!」

「・・あぁ、そうだけど?」

冷静に答えたマサトさんに私は言葉を失った。

「・・・!!。」

・・いや、いや・・・。

どう見ても年下には見えないんですけど・・・。

・・てか、マサトさんの反応っておかしくない!?

「『そうだけど?』って私がいくつか知ってるの?」

「あぁ、今年の10月で22だろ?」

「・・なっ!!」

「あ?」

「なんで知ってるの!?」

私は自分の年齢をマサトさんに言った事はない。

昨日だって名前しか言ってないし

今日だって話をする時間なんてなかった。

それなのになんでマサトさんは私の歳を知ってるの!?

62
最初 前へ 59606162636465 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ