Shine~Masato & Hina story~
Shine~Masato & Hina story~

発行者:桜蓮
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2014/02/10
最終更新日:2014/02/15 23:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Shine~Masato & Hina story~ 第8章 エピソード7
必死で乱れた呼吸を整えていると

「飲むか?」

マサトさんが差し出したのはペットボトルのお茶だった。

「・・これって・・・。」

「さっき飲むって言っただろ?」

「・・あっ・・ありがとうございます・・・。」

私は差し出されたお茶を受け取ると蓋を開け喉に流し込んだ。

乾いた土が水を吸収するように

カラカラだった喉が潤っていく。

「・・ふぅ・・・。」

一気にペットボトルの半分位を飲み干した私は大きく息を吐いた。

「・・なんとか、生き返った。」

思わず呟いてしまった私に

「なんだ?死にそうになってたのか?」

マサトさんは苦笑した。

「・・久々に走ったから・・・。」

「久々?」

「学生の時に比べて走る機会ってあんまりないでしょ?」

「・・そうなのか?」

「えっ?」
61
最初 前へ 58596061626364 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ